きこえの仕組み

外耳
外耳は、頭の側面にあって、音(空気や物の振動)を鼓膜に集める働きをしています。外耳の耳介に集められた音は、耳道(外耳道)を通り、鼓膜を振動させ、中耳に伝えられます。
中耳
中耳とは鼓膜の奥の部分です。中耳には耳小骨(つち骨・きぬた骨・あぶみ骨)という3つの小さな骨があり、外耳から入ってきた音を増幅し、効率よく音を内耳に伝えます。
内耳
実際に音を感じるセンサーは内耳にあり、医学用語で蝸牛(かぎゅう)と呼ばれるカタツムリの殻に似た器官です。蝸牛では、蝸牛内に並んだ有毛細胞が音の刺激を受け、その情報を電気エネルギーに変えて聴神経へ伝えます。
聴神経・脳
音の信号は内耳で電気エネルギーに変えられた後、聴神経と呼ばれる神経を通って、脳に伝わります。その結果「きこえ」として認識できるのです。

難聴の種類

伝音難聴
音を伝える部分(外耳・中耳)の障害です。 鼓膜に穴があいたりや中耳炎など、外耳や中耳のトラブルが原因で聞こえづらくなるタイプの難聴です。補聴器を装用して音を増幅することで、聞こえづらさが大きく改善されます。
感音難聴
音を感じる部分(内耳や聴神経など)の障害です。 内耳や聴覚神経の問題や脳の音を判別する機能が低下するために聞こえづらくなるタイプの難聴です。加齢による難聴はこの代表的なもので、薬物や長期間騒音にさらされることによっておこる難聴もこれにあたります。 この部分に障害があると、「音は聞こえるが歪んで聞こえる」、「言葉がはっきりしない」、「大きな音が不快に感じる」など、入ってきた音を正確に聞くことが困難になります。
混合性難聴
「伝音難聴」と「感音難聴」の両方の特徴をあわせ持ったタイプの難聴です。 聴力レベルにもよるものの、個人の聞こえやニーズに合わせた補聴器の装用によって、聞こえの問題を改善する事が可能です。

難聴の程度

聴力は一般的に40歳ぐらいから衰え始めると言われています。
難聴は年をとると誰でも体の機能が衰えるように、程度に差はありますが誰にでも起こる事です。
難聴は音による刺激が脳に伝わりにくい状態になります。この状態が続くと脳の働きが鈍り、 きこえの面だけでなく、身体や性格にまで悪影響を及ぼす事もあります。

難聴は、「体の痛み」を伴わないで進行するので、なかなか自分では気づきにくく、 自分で気づいたときにはかなり進行してしまっている事があります。
少しでも「聞きづらいな」と感じることがありましたら、お早めにご相談ください。
また補聴器は、早めに使い始めることで順応もしやすく、効果も早く現れることが知られています。